通関士の正しい講座選び

通関士の法律科目は2つに分けて考えよう

前半では通関士の受験を取り巻く動向や、
予備校講座や通信講座の選びのポイントについて解説してきました。

後半のここから、通関士の試験勉強について、具体的に説明していきます。
まずは、試験科目と試験全体の流れを知り全体像を理解していきましょう。

通関士の試験科目は以下の3科目です。

(1)通関業法
(2)関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(同法第6章に係る部分に限る)
(3)通関書類の作成要領その他通関手続きの実務

2番の「その他関税に関する法律」には、関税暫定措置法、NACCS特例法、外国為替、外国貿易法、ATA条約の実施に伴う特例法などが含まれています。
そしてさらに、これらの法律のほかに、それぞれの法律に基づく政令や省令、告示などを含みます。

そのように聞かされると、法律科目のオンパレードで手に負えないと感じるかもしれません。
しかし、実際の試験では「通関業法」「関税法」「関税定率法」から主に出題されています。とりあえずここでは、主要3科目を中心に勉強すればいいんだなと理解してください。

■法律科目の骨子は「関税法」です。
みなさんもご存知のとおり、通関士の仕事は、輸出入業者から仕事を依頼され物品の通関手続きの代行を行うことです。

そしてその手続きを規制する法律は大きくわけて2つあります。
A物の流れを規制する法律(通関手続きに関する規制)
B輸入が認められた物品にどのよう税金を課すか定めた法律(関税に関する規制)

このことを理解すると一見複雑そうに思える試験科目をシンプルに理解できるようになります。
A「通関手続きに関する規制」には、関税法、NACCS特例法、外為法等が適用され、
B「関税に関する規制」には、関税法、関税定率法、NACCS特例法、関税暫定措置法などが係わってきます。

そして通関手続きにも課税物の確定時期などにも関係している関税法は、A・Bの両方に係わる最重要科目です。
ですから、みなさんはまず関税法から勉強をはじめてください。関税法がつかめると基礎が身に付き、その他の法律も理解しやすくなります。

いずれにしても、まだ勉強を始めていない今の段階ではあまり難しく考えないことです。
「その物品は税関を通すことができるのか」
「通していい場合、輸入税はどのように課されるか」
この2つの視点で各種の法律を理解することで、通関士の試験には合格できます。

あなたが通関の当事者になったつもりで、楽しみながら勉強を進めると、勉強の効率もグンと高まることでしょう。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<