通関士の正しい講座選び

学習期間は最低6ヶ月以上!3つの期間に分けて準備します。

予備校の通関士講座(初学者コース)では、10月上旬の本試験の6ヶ月位前(4~5月)から講座を開講しているところが多いようです。教育機関を活用すると効率良く学習できるとはいっても、通関士クラスの国家試験ともなると、合格するにはやはり最低これくらいの学習期間が必要ということだと思います。

このページでは通信講座の利用もしくは独学を検討しているみなさんに、学習のモデルプランについて解説します。
(予備校を利用する方の場合は、学校の講義にすべて出席し、カリキュラムに沿って予習・復習すること=学習プランとなります。このページの情報は特に必要ではないと思います)

学習のモデルプラン

通関士のように、比較的長い準備が必要な試験対策では、
学習期間は、「基礎学習期」「実力養成期」「直前期」の3段階にわけて計画するのが、安全で効果的です。このやり方を取り入れると、インプットとアウトプットのバランスを取りやすいからです。

またインプット、アウトプットの比率は6:4位でインプットにウエイトを置くようにします。ただ試験準備の後半では、インプット・アウトプットを同時に行う日が目立ってくると思います。

例えば過去問を解いていて間違えた箇所を、テキストに戻り確認する作業は、アウトプットとインプットが混在しているわけです。
比率6:4を厳格に守る必要はありません。あまり几帳面になりすぎると、スムーズな学習の流れを止めてしまうことにつながり、かえって不効率になりかねません。
途中々々で振り返ってみて「大体、6対4で進んでいるな」と実感を持てることが大切なのです。

では6ヶ月の学習モデルプランを解説します

<基礎学習期間 4月~6月>
この間はテキストを中心に、基本的事項の学習を終了させます。
基礎学習期間もいくつかのステップを踏むようにしましょう。
1回目はテキストを速読します。速読は、その単元に何が書いてあるのかという体系を大ざっぱに読み取ることを目標に行います。
基礎的事項を学習する上で大切なことは、「全体把握」→「細部の理解」を繰り返すことです。知識がゼロの状態から、全体をざっと押さえるのにいちばん適した教材はDVD等のメディア教材です。初見の内容でも、文字を読むより耳から入ってくる情報は、ずっとラクに理解できるからです。
☆一流講師のDVD講義を観て自宅で実力養成!→http://tsukanshi-tsusin.com/

<実力養成期 7月~8月>
問題演習を中心に、アウトプットを意識して勉強をします。
過去問に出ている事項が、基本書のどこにどのように書かれているかをチェックしながら進んでいくと、アウトプットとインプット(の繰り返し)を同時に行えて効率的です。
申告書の練習もこの期間に行い、早めに慣れるようにしてください。

<直前期 9月~試験前>
総仕上げの時期です。この時期には得意・不得意科目がはっきりしてきます。
ですから、本試験で足きりにひっかからないよう、不得意な分野を集中的に克服します。
また、すでに全科目65%程度以上を正解できている方なら、正解した問題だけ、忘れないよう総復習してみるのも合理的です。
独学の方ですと、すでに紹介したレジュメ集をパーフェクトに暗記してしまうことなども一つの方法です。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<