通関士の正しい講座選び

「反復学習」に最も適しているのはメディア教材です。

通関士の試験突破へ向け、管理人は「合理的学習」にポイントを置いて解説してきました。
繰り返しますと、合理的学習とは「出題の重要な部分のみを、出題頻度の高い順で学習すること」でした。

この学習法により知識を定着させる上で効果的なのが「反復学習」です。新しいことを記憶に定着させるためには反復学習が最も効果的です。
脳が何かを記憶する時には、一度だけの経験よりも、何回も反復して行なった経験のほうが、当然記憶に残りやすくなるからです。

では、反復学習に最も適している教材とは何でしょうか?
それはメディア教材です。


過去問集の演習は繰り返すことが前提です。ですから「問題集は反復学習に適しているか」の議論は時間のムダです。これは繰り返すほかないのです。

通信講座を受講する方ですと、問題集を除外すると、基本テキストとDVD等の講義メディアが残ることになります。この時点で、「反復学習に適しているのはメディア教材」と始めていえるわけです。

もちろんテキストも反復学習の対象にはなります。
しかしみなさんも経験がおありかと思いますが、文字で書かれた情報は2回~3回と繰り返すうちに、緊張感が薄れていくものです。

これは1回目で殆ど理解できなかったことが、3回目くらいになるとかなり理解できるようになっているため、意識が安心してしまうからです。
それだけ実力がついていることの証でもあるわけですが、3回目以降も100%テキストに意識を集中するのはなかなか大変です。

しかし、映像を見たり耳から入ってくる情報は、何度繰り返しても、1回目とそれほど集中の度合いが変わりません。なぜそうなのかの生理的な理由は管理人にも説明できませんが、経験談からいえばそうなのです。
☆スタジオ収録の講義DVDが8枚ついて49,800円!→http://tsukanshi-tsusin.com/

見たり聞いたりする情報は記憶に残りやすい上に、何度繰り返しても、集中できる。
このことの効果に気づいてほしいのです。

通信講座の講義DVDなら何度でも繰り返して視聴できます。
ポータブルのプレイヤーを持ち歩くことができる方なら、通学時間の電車の中で、音声のみを繰り返し聞くこともできます。

いわゆる「スキマ時間」の活用や、記憶定着に効果的な「反復学習」に最適なのがメディア教材なのです。

予備校など教室の授業は、いくら水準の高い授業でも繰り返し同じ講義を受けることは絶対にできません。

トータルどの学習スタイルが最も合理的といえるか、
もう一度じっくり考えてみる必要があるかもしれませんね。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<