通関士の正しい講座選び

通関士のやりがい

現役の通関士の人々は、みんな通関士であることに誇りを持って仕事をしています。
それは通関士が、法律に基づいた財務省・税関が管轄する国家資格であり、通関業界で中心的な役割を担う職業だからです。

行政職員の圧縮もあり、公務員(税関職員)の大幅な増員が見込まない現状では、輸出入にあたり通関士の話す役割はなお一層大きなものになっていくことでしょう。
法令遵守という一種の正義感が要求されるという点も、通関士のやりがいのひとつである言えます。

また、税関に対する申告は通関士本人の名前で行います。それによる大きな責任を感じられることもやりがいといえるでしょう。
特に税関に自分の主張が通ったときの満足は一塩です。自分が決めた税率で、大量の貨物が日本に流通することになるわけですから。

通関士には、自分の得意分野を確立できるという面白さもあります。
化学薬品、精密部品、食品原料、衣類…。ほかにもたくさんありますが、通関士は、関税の観点からある産業分野の専門家になることができます。
一つの分野に精通することで、他の法令の関係や税番の区分基準など、税関の業務上不可欠な審査基準が理解できるようになります。

そういう意味からしますと、通関士の試験に合格した時点はまだ、
通関士の勉強の第一歩に過ぎないともいえなくもありません。

通関士は生涯を通じ興味を持って学べることと向き合える職業です。
勉強を続けて仕事に勤しむことで、世界とつながっている気持ちになれる仕事です。

もちろん国際貿易には明るい話題ばかりがあるわけではなく、BSEや鳥インフルエンザによる輸入規制などに例を見るよう、厳しい局面と向き合わなければならない場面もあることでしょう。しかし「問題解決」に真摯に臨むことが、職業人としての本来の使命でありやり甲斐です。

貿易関連唯一の国家資格。
みなさんがその難関を突破し、将来へと羽ばたかれることを願っています。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<