通関士の正しい講座選び

通関士と海事代理士との違い

通関士と最近、比較される資格の中に「海事代理士」がみられるようになりました。この資格は「貿易実務検定」や「国際航空貨物取扱士」当たりと違って貿易や貨物の輸送と直結した資格・職業ではありません。しかし通関士と同様に、船舶が停泊する港湾が活躍の舞台となる点では変わりません。また、法律の知識が大量に必要となる点でも共通しています。

海事代理士は、船舶の検定や検査といった手続きにたずさわることが業務の中心です。世の中ではあまり知られていないことですが、貿易をはじめさまざまな役割で港には船が停泊します。これらの船には実は大量の法律・制度が設けられており、その定めには常に従わないといけないのです。

海事代理士は船舶のほか、その船に乗って仕事をする船員の法手続きについても精通していないといけません。海事代理士は、「海の弁護士」「船の弁護士」なんて呼び方をされていますが、「海の行政書士」「船の社会保険労務士」と呼ぶことも可能なほど、役割は広いのです。

海事代理士は、大量の法手続きに熟知していないと活動できません。このため試験の難易度はべらぼうに高いものとなっています。試験の合格率だけを見ると、通関士の数倍は高いのですが、それはもともと受験者が高い法知識を得た上で出願しているからです。実際のところは、通関士よりも厳しく、1年以内の勉強で資格取得にこぎつけることは非常に困難です。いい加減な気持ちで手を伸ばしてもよい資格だとはいえません。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<