通関士の正しい講座選び

受験者の急増とともに、試験も難化の傾向に!

このページでは通関士の試験は、実際にはどんなレベルにあるのかをお伝えします。
管理人は、客観的な数値だけでは通関士試験の「真の難易度」は推し量れないと思っていますが、試験の対策には、これまでの試験動向の経緯などを押さえておくことも大切ですので、あえてデータの解説から入りたいと思います

【近年の試験結果】

 

受験者数

合格者数

合格率

平成16年度

10,191人

1,920人

18.8%

平成17年度

9,953人

2,466人

24.8%

平成18年度

10,357人

725人

7.0%

平成19年度

10,695人

820人

7.7%

平成20年度

10,390人

1,847人

17.8%

平成21年度

10,367人

807人

7.8%

平成22年度

9,490人

929人

9.8%

平成23年度

9,131人

901人

9.9%

平成24年度

8,972人

769人

8.6%

平成25年度

8,734人

1,021人

11.7%

平成26年度

7,692人

1,013人

13.2%

平成27年度

7,578人

764人

10.1%

これは過去10年の合格率ですが、平成18年度より、合格率が極端に下がっています。
合格率が10%を超えているのは5回のうち平成20年度の1回(17.8%)のみです。

試験の難化と直接結びつくものではありませんが、平成18年度より試験方式が変わっています。従来の「マークシート+記述式」から、「全てマークシート方式」に統一。さらに出題数も全67問へと増加しています。

ここで「なぜ試験方式が全マークシート方式に改正されたのか」という、問いを立ててみたいと思います。それは単純な話で、受験者の増大にあります。

上記のデータに納めることができませんでしたが、通関士の受験者が急増しはじめたのは平成元年あたりからです。それ以前通関士の試験を受ける人は、毎年せいぜい3000名規模でした。それに対し近年の受験者は毎年10,000人を超えており、当時のゆうに3倍を越えています。

では、受験者の増大(職業的な人気)に合せ、合格者数も同様の比率で増やしてもいいかといえば、もちろんそんなわけにはいきません。日本の貿易量が年々拡大しているとはいっても、通関士の需要には、やはりある程度のパイがあるからです。

税関としてもやはり、 「通関士の試験に合格者には、やはり通関士として活躍してほしい」
「合格者が仕事に就けないようなことが、なるべくあってほしくない」という配慮を持っているのでしょう。

そのため試験方式は「全マークシート方式」に簡略されてはいるものの、
試験で問われる内容は難化しているのが、平成18年度以降の通関士の試験といえます。

2000年度以前も、通関士養成のために多くの予備校が通関士講座を開講していました。
試験が難化する傾向にあるなか、通信講座や予備校の活用は一層活発になっているようです。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<