通関士の正しい講座選び

「テキストの情報量が絞られていること」 「ビデオが自宅学習専用に制作されていること」がポイント!

通信教育の利点は、何といっても自分の部屋で好きな時間を選んで学習できることです。
時間的に予備校などに通うのが無理な人や、通学できる範囲に予備校がない人などにはとても便利です。

また現在の通信講座は、DVDやWEBの講義で学習するスタイルが一般的です。「メディアの発達で、予備校と通信講座の学習効果の差はほとんどなくなってきた」ともいわれています。ぜひ、前向きに検討してみてください。

ただ予備校と比べると、通信講座は良心的な会社とそうでない会社の差がはっきりしているのは事実です。その見極めだけは十分に注意をしてください。
以下が通信講座を選ぶ際の重要なガイドラインです。

■基本テキストの情報量が必要最低限に絞られている。
試験に合格する秘訣のひとつは「合理的学習」にあるとお話ししました。それは通関士試験の出題の重要な部分のみを、出題頻度の高い順で学習することです。

そのためにはテキストがそのように制作されていなければなりません。
視点を変えればテキストの情報量を“必要最低限”に絞りきれているかどうかが、その通信講座の実力を図る指標ともいえます。

見分け方としては、テキストが「関税法等」、「通関業法」など複数冊に分冊されていて、活字の扱いが大きく読み易いテキストはポイントが絞られているテキストです。

■自宅学習専用に収録したメディア教材を提供している。
メディア教材を提供していない通信講座は使う意味がありません。
「自宅で講師の講義を観ながら学習する」ことが通信教育の真価だからです。

とはいえ、メディア講義ならなんでもOKかというとそうではありません。
避けていただきたいのは、予備校が教室で行った授業をそのまま収録してある教材です。

このタイプのメディア講義は集中できません。なぜなら講師が、画面の前のあなたにではなく、教室の受講生に向かって講義をしているからです。大勢の受講生を相手にしているため、教室の外(部屋)で授業を受けているあなたには、どことなく間延びのした講義に感じられるでしょう。

通信講座のメディア教材は、自宅学習専用にスタジオで収録された教材を選ぶのが鉄則です。

■フォロー体制
自宅で学習する通信講座の受講生にとって、フォロー体制の充実は、予備校に通う方以上に重要な問題です。
「学習上の疑問点をメール等で質問できる」「学習スケジュールを管理してくれる体制がある」「学習を継続する上での悩みの相談に応じてくれる」などのフォロー体制はとても重要です。




>>最短で通関士に合格するための正しい講座を選ぶなら<<